トップ

【第4回】スタートの奥義(篠崎実・渡辺篤・岩田裕臣・浦田信輔)




【伝説の弾丸男、ここにあり・篠崎実】
今年でデビュー47周年、御年69歳を迎える篠崎実
デビューして以来、圧倒的なスタート力を保ち続け、今もなお一線級を張り続けるレジェンドにもスタートについて聞いてみた。

「なぜ、スタートが速いかって?オレが何年バイクに乗っていると思っているんだ!もう50年以上も乗っているんだぞ。
選手になる前は、公道で赤信号になったとたんにもう次はスタート競争をやっていたんだ。
そりゃあ、うまくなりはな。がはははっ。

だてにずっと弾丸ミッキーって呼ばれてるわけじゃあねえんだよ!
練習?いらないね。体が覚えているからな。
長年の感覚ってやつだよ。

どこのレース場が得意かって?全部に決まっているだろ!苦手なところなんてあるわけねえよ。
今でも旧型クラッチを使い続ける理由?
おいおい、おれのレースを観てからそういう質問はしてくれよなあ。
あれだけ旧型で切れているのに、どうして新型にする必要があるんだい(ごもっともです)。

自分から見てスタートが速い選手はいるかって?
篠原睦くん。篠原のあっくんは速いな、うん」

最後の質問は「いるわけねえだろ!」ぐらいの返答があるかと思いましたが、
普通に「篠原睦くん」とは。

天下の弾丸ミッキーに絶賛されるぐらいですから、本物のスタート巧者です!

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2021 CYBIRD