トップ

ニュース詳細

鈴木清市選手(伊勢崎・14期)が最年長優勝記録を更新しました!
2021/11/24



2021年11月23日の伊勢崎オートレース(伊勢崎アフター5ナイター開催)第8レース優勝戦において、鈴木清市選手(伊勢崎・14期)が1着となり、13年ぶり、通算29回目の優勝を飾りました。
68歳9か月4日での優勝は長谷川 啓選手(川口・12期)が2019年10月30日に記録した68歳6か月10日を更新する最年長優勝記録となりました。

■鈴木清市選手のコメント
何年振りか覚えていないけど、久し振り(2008年6月3日以来)の優勝は嬉しい。
今節エンジンはあまり手を加えていなかった。試走はあまり出なかったけどレース足が良かった。スタートは普通に切れた。
レース中は前走車が混戦していて(前に出る)チャンスを狙っていた。ゴールを切った瞬間は嬉しかったです。
ファンの皆様、これからも応援よろしくお願いします。



レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2021 CYBIRD