トップ

ニュース詳細

全日本オートレース選手会が「令和2年7月豪雨災害」被災地へ義援金を寄付
2020/10/08



令和2年10月8日(木)に(一社)全日本オートレース選手会西日本支部の有吉辰也支部長が飯塚市役所を訪問し、(一社)全日本オートレース選手会による「令和2年7月豪雨災害」に係る義援金100万円(埼玉・伊勢崎・浜松・山陽・西日本の各支部から20万円)を飯塚市に預託しました。

義援金は、飯塚市を通じ、福岡県大牟田市と熊本県八代市へ、それぞれ50万円が届けられます。

<有吉支部長コメント>

令和2年7月豪雨災害に対しまして、全日本オートレース選手会の各支部より各20万円、合計100万円を、飯塚市を通じ、福岡県内で被害の大きかった大牟田市、オートレースの専用場外場のある熊本県八代市に寄付させていただきます。

新型コロナウイルスの影響もあり、復旧作業も困難な状況にあると思いますが、何か少しでもお役立ていただき、1日も早い復興を願っています。



レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2020 CYBIRD