トップ

【無料記事】
フリートーク


【ジェット社】
6/3(木)の川口普通開催では、35期の伊東玲衣選手がデビューしました。

デビュー戦は、残念ながら8着と大敗してしまいましたが、伸びしろがありそうですし、今後が楽しみな選手だと思いました。
私が見た朝練習では、しばしばコースを乱してしまいますが、走行練習で3.54までマーク(ジェット社の測定)していました。また、フォームがやわらかくスタートもマズマズ早い印象がありました。

佐藤摩弥選手でさえ、デビュー戦では1着を取れなかったし、4月末のSGオールスターで優出した岡谷美由紀選手も、デビューしてから連対するのに時間がかかりました。これからですよね。
少しずつで良いので、怪我が無いように、一人前のオートレーサーになって欲しいと思っております。

皆さんもご存じの通り、35期生は規則違反でデビューが遅れる候補生が多数います。この方々には、しっかり再教育訓練を経て、立派な姿でデビューを果たして欲しいと思いますね。
そしてデビューした際には、レースで結果を出して規則違反を払拭して頂き、今後のオート界を盛り上げて欲しいと思います。


【藤川さやか】
いよいよ飯塚初夏のG1開催が始まります。
当開催は、緊急事態宣言の延長による、土・日の休業要請に伴い12日(土)・13日(日)は、無観客レースとなりました。
準決から優勝戦が無観客となり寂しくなりますが、選手もそんなファンに少しでも思いが届くような熱いレースを披露してくれると思いますので、最後まで応援していただけると幸いです。

また、開門時間も13時30分に変更となり、閉門時間は20時となっています。
第1レースの試走開始は13:45、発走予定時刻は14:07となりますのでご注意下さい。

前々回の飯塚開催がナイター開催で、その時の流れを見てみると開催時間が早まったことにより照明が走路をしっかり照らしてレースができるのは11Rや12Rでした。
10Rくらいまでは、走路温度もさほど下がることも無く最重ハンから追う選手には厳しい予選になりそうです。

そして、九州地方は梅雨入りをしていることもあり、連日天候をしっかりチェックして車券を購入して頂ければと思います。

前回は、地元No1荒尾選手がダイヤモンドレースを優勝しており、連覇に期待したいところです。

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD