トップ

【無料記事】
冒頭フリートーーク


○●沢○●
暑中お見舞い申し上げます。
まずは西日本豪雨の被害に遭われた皆様へ心よりお見舞いを申し上げます。

今年の夏の暑さは本当に異常で、これを書いている7/22現在でも日本列島を覆うようにしてダブル高気圧が居座り、各地で連日40℃近い酷暑。
オートレース的にも走路温度は60℃超えとなり、これはもうマトモにレースができる状況ではありません。スタンドで観戦されるファンの皆さんや、この後に出てくる現地予想屋・ジェット社さん達をはじめ、場内の野外で仕事をされている方々の体調も本当に心配になってきます。全世界的問題となっている温暖化。もはや人類すべてが本腰を入れて対策を考えねばならない時期にきていることは間違いない。

温暖化対策(CO2排出削減)としての第一は「無駄なエネルギーを使わないこと」に尽きるわけですが、選手側にできることといえば、朝の暖機運転をなるべく減らす・スタートラインであまりフカさない(笑)…など。
ファン側では、来場は自家用車を使わず公共交通機関で・飲み物等はペットボトル製品を買わず水筒持参で…等々。
無理言うなと言われるかもしれませんが、一人一人のこうした心掛けが重要かと。

さてそんな中、国会でついにカジノ法(IR推進法)が成立しました。
我々の立場からすれば、民営カジノは敵以外の何物でもなく、「公営ギャンブルがあるじゃん!」と言いたくなるところですが、外国人を日本に呼んでギャンブルさせる流れが出来る、という点では我々にとっても大きなチャンスとして考えたいところ。

カジノ目当てに来日した外人さんに公営ギャンブルの存在を伝え、「本国に帰ってもネットで観戦・購入できますよ!」とすれば、かなりの新規客層が見込めるのではないか。
それには現行の諸システムの改変と法整備が必要で、ハードルは決して低くはないが、国内需要が頭打ちである現在、レースギャンブル存続のためには海外に販路を拡大することは必須。業界あげてのアクションに期待したい。

私も外人さん相手に予想会が喋れるように、英会話と中国語の勉強をしようっと。あ、でもそれなら各国語でネット予想屋をやった方が早いか…?


○●ジェット社○●
お疲れ様です。今回もどうぞ宜しくお願い致します。

まず始めに、この場をお借りして、西日本豪雨で被害にあわれた方々に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。微力ながら募金などでご協力させて頂き、一日でも早い復興を切に願います。

それにしても異常気象ですね(苦)。大雨で大きな被害が出ましたし、異例な早さで梅雨が明け、今までにない異常な猛暑日が続いています。
原因は、太平洋高気圧とチベット高気圧が広がり、日本の上空で2つの高気圧が重なる「ダブル高気圧」という状態になっているからだそうです。

あるメディアの1ヶ月予報を見た感じでは、8月に入る頃には「ダブル高気圧」が薄れて、今のような異常な暑さは少し落ち着く予報となっています。
しかし、湿った空気の影響を受けやすくなり、局地的に雨雲の発達が増え、豪雨が心配されるとの事です。

私も屋外で仕事していますので、ここ何週間の猛暑には体調を崩しかけました(苦笑)。これ以上、猛暑は続いてほしくないです。
そして何より、今後は被災地が平穏な天候である事と、これ以上被害が出るような豪雨がない事を祈りたいです。

○●高橋希○●
川口オートレース場で開催されるG1キューポラ杯。昨年は永井大介選手が、早川清太郎選手高橋貢選手の追撃を振り切って優勝を飾りました。
今年も豪華メンバーが揃い、楽しみな一戦となりそうです。

個人的に川口オートレース場は、雰囲気がすごく好きなレース場です。
記念レースともなるとオールドファンも女性ファンも入り乱れ、混雑ぶりも物凄いことになっていて、車券を買うのも一苦労…にはなりますが、活気が溢れるレース場です。

川口でのお勧め観戦ポイントは、ホームストレッチのスタンドです。
最前列で見るレースは迫力満点となっており、川口にご来場の際は、早めに車券を購入して最前列を確保してみて下さい。

そして川口のもう一つのお楽しみと言えば、豊富なグルメとなります。
どの売店でも行列が出来ていて、何を食べても美味しいので、そちらも併せて楽しんでみるのも良いかもしれませんね!

キラキラと彩り鮮やかなナイターレースで行われるキューポラ杯を、ぜひ本場まで足を伸ばして観戦してみて下さい!

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2019 CYBIRD