トップ

【無料記事】
冒頭フリートーーク


○●沢朋之○●
皆様、新年明けましておめでとうございます。
平成30年もオートレースとオートレースモバイルを、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

個人的には目標もやるべきことも変わりませんが、引き続きファンの皆様にレース&車券を楽しんでいただけるような情報提供と予想に努めさせていただきたく存じます。

そして今回、新年にあたってのフリートークテーマは「今年活躍しそうな選手」。

私の方からは、散々迷ったあげく、昨年「ほぼ」完全復活と言われた飯塚・有吉辰也選手を挙げたいと思います。

度重なる大怪我による欠場前の全盛期をロッカー内で見ていた立場として、近況の復活劇を目の当たりにしつつ、感動と更なる期待をもって接している昨今。
昨年・日本選手権での優出を越える今年の動きを楽しみにしたい。

このところやや勢い停滞気味だった飯塚軍団も、先日の荒尾選手のSS王座決定戦奪取により再び息を吹き返すムード。有吉選手の完全復活は、その流れにさらに勢いをつけることになるのでは?と予測します。

○●ジェット社○●
新年明けましておめでとうございます。今年は的中率を更に上げられるように、また皆様に少しでも良い情報をお伝え出来るように、日々精進して行きますので今年もどうぞ宜しくお願い致します。

オートレースファンの皆様の御健勝と御多幸を祈念すると共に、車券が昨年以上に当たりますように願います。私も予想が当てられるように頑張ります(笑)。

そして、今回のお題は…今年活躍しそうな選手ですか。
鈴木圭選手をはじめ、S級上位の選手はありきたりになりますよね?
それなら「狙い目」的な存在として、私は岩田裕臣選手を挙げたいと思います。
岩田裕選手は、去年の11月に釜本選手が亡くなられてから、精神的に強くなったように思えます。

技量はロードで培ったテクニックがあります。スタート力も全国クラスと言って良いほどです。そして、今では気持ちの強さも伺えるようになりました。勝負所で思い切って突っ込めているし、人間的に一皮剥けたように思えます。

去年11月末に行われた飯塚G1開設記念では優勝戦3着。年末のSSシリーズ戦の準決勝では不運にも被害を受けましたが、予選では良い走りをしていました。本当に今後が楽しみな選手です。

一つ課題は、長距離戦では後半に減速する傾向があります。そこも進化するようであれば、自身2度目のSG優出も夢ではないと思います。
○●小森亮平○●
オートレースファンの皆さま、新年明けましておめでとうございます。本年もオートレース並びに、オートレースモバイルを宜しくお願い申し上げます。

そして、沢様、ジェット社様、今年も宜しくお願い申し上げます。私もお二方と共にオート界を盛り上げていけるように頑張って行きたいと思います。

年末のSGスパースター王座決定戦の熱気も冷めやらぬまま、1月6日(土)からはSG全日本選抜が飯塚オートにて開幕。今年2018年はSG競走にてグレードレースが始動する形となりました。今年も一般戦からSG戦まで、オートレースを存分にお楽しみ下さい。

また、今回のお題として私が”今年活躍しそうな選手”として1名挙げるとするならば、当サイトの1月度の注目選手でもピックアップさせて頂いた、飯塚所属33期の中村杏亮選手に期待しています。

33期の中でも、初勝利までは若干苦しむ形にはなりましたが、初勝利後は着実に成績を残してきており、初優出も決めています。

2017年末までの勝利数は、良走路-6勝、湿走路-4勝、斑走路-1勝と、合計11勝をマークし、33期生の中では最多勝。
また、ハンデが重化しながらも粘る競走も出来ていますし、最高競走タイムも3.428をマーク。

公式発表の最高競走タイムは3.428ですが、実は12月の地元開催では雨上がりのほぼ良走路に近い斑走路では3.419も叩き出してきております。(残念ながら、公式の最高競走タイムは良走路でのタイムとなる模様)
今年は、一般開催での優勝と、新人王決定戦も奪取して頂きたいと思います。

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2019 CYBIRD