トップ

第114回ジェット社の見解

2019年快心の当たりは?」

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様といろいろ情報交換をさせて頂き、少しでも良い情報をお伝え出来るように、精一杯頑張って参りますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年初めの「車券戦術サミット」のお題は、「2019年快心の的中は?」です。
去年も様々なレースが繰り広げられました。4月から新型クラッチになったせいか、スタート展開を読むのが難しくなり、また雨でも高配当が沢山出ましたね。

そこで今回は、去年のレースを振り返るとともに、皆さんの快心の当たりをお聞きし、その時の予想回路なども共有出来たらと思います。

投稿を見させて頂きました。超高額配当を当てられた方、本命路線にドンと賭けて大儲けされた方など、沢山いらっしゃいました。
予想の回路としては、試走気配が良かった選手を買った方、選手の調子を研究して展開で買った方、練習を見て買った方、思い切って好きな選手で買った方、穴を出す選手を買った方などなど、様々な買い方があったようです。読ませて頂いて面白かったです。

私の快心の的中は、モバイルで提供した予想で12点入れたものだったのですが、11/18の川口の12レースが記憶に残っています。
結果は5-1-7で、60,590円でした。この時は永井大介選手が人気になっていたのですが、30Mの角度があって大外でした。内枠勢の選手もスタートが切れていたので、思い切って永井選手を外して、0ハンの逃げに、内枠勢を絡めた予想にしました。

逆にズバっと行かず悔しい思いをしたのが7/11の川口の4レースです。この時は濡走路で、8-6-3で、318,950円もつきました。
この時、6番高橋義弘選手は試走タイムが悪く、全く売れておらず、そこに2着に入って30万オーバーとなりました。
高橋選手は試走の時に1~2コーナーで飛んでしまいタイムロスをしました。しかし直線が凄く出ており、3~4コーナーでは前の車に詰まってインを小さく旋回したのです。
そこで、高橋選手も雨で優勝経験ある選手だし、スタートも一発あり、車も良さそうだと睨んだ私は、思い切って高橋選手を入れたんです。・・・が、3着までにしちゃいました(苦笑)。高橋選手の3着でも85,000円ぐらいあったのですが・・・。
まぁ、予想は思い切ってしないとダメだと痛感したレースでした。

以上です。
今年も皆様に快心の当たりがありますように祈っております。私も一つでも多く当てられるように頑張りますので、どうぞ本年も宜しくお願い致します。

今回も沢山の投稿ありがとうございました。どれも良い投稿でした。全てピックアップ出来なくて申し訳ございません。またご投稿宜しくお願い致します。

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2020 CYBIRD