トップ

川口G1キューポラ杯展望
【開催展望】


前回の川口G1キューポラ杯を振り返ります。
去年は8/25~8/29日に行われました。残念ながらこの時は緊急事態宣言中で無観客レースとなりました。しかしレースはいつも通り白熱して見応えがありましたね。

予選は主に0・10・20Mのハンデ戦で行われ、準々決勝からはハンデ前の選手が重化されました。

優勝戦は10Mオープンとなり、メンバーは以下の通りとなりました。
①山田真弘 (3.35)
②掛川和人 (3.34)
③黒川京介 (3.32)
④小林瑞季 (3.30)
⑤佐藤貴也 (3.31)
⑥高橋 貢 (3.32)
⑦鈴木圭一郎(3.28)
⑧青山周平 (3.30)
※()内は試走タイム

オッズは、試走一番時計だった圭一郎選手から、底力を加味して青山選手の7-8が人気となっていました。

レースは、・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD