トップ

山陽特別G1プレミアムカップ展望
【開催展望】


前回の山陽G1令和グランドチャンピオンカップ(※以下:令和GCC)を振り返ります。
まず余談ですが、和暦が2019年から「令和」となり、山陽固有のGIであった「平成チャンピオンカップ」が「令和GCC」となりました。
この「令和GCC」は、一昨年が「第1回」、去年が「第2回」、そして今年が「第3回」となります。まさに新しく設立されたフレッシュなGI開催と言えましょう。

去年の令和GCCの優勝戦は、0Mオープン戦で以下の番組となりました。
①丹村飛竜 (3.30)
②渡辺 篤 (3.30)
③浦田信輔 (3.30)
④岩崎亮一 (3.32)
⑤重富大輔 (3.30)
⑥丸山智史 (3.30)
⑦中村雅人 (3.28)
⑧青山周平 (3.29)
※()内は試走タイム

オッズは、大外でも青山選手が一番人気となり、・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD