トップ

山陽G1スピード王展望
【開催展望】


前回の山陽G1スピード王を振り返ります。

予選は0・10・20Mのハンデ戦で行われ、準決勝からはハンデ前の選手達を重化して10Mオープン戦、もしくは0・10M戦になりました。
この時、優出した8名全員が最重ハンの選手だったため、優勝戦は0Mオープンで行われました。

メンバーは以下の通りとなりました。

①丹村 飛竜(3.26)
②人見 剛志(3.27)
③木村 武之(3.24)
④鈴木圭一郎(3.23)
⑤青山 周平(3.24)
⑥佐々木 啓(3.26)
⑦浜野 淳 (3.27)
⑧藤岡 一樹(3.27)
※()内は試走タイム。

試走タイムが全員3.2秒台。まるでスーパースター王座決定戦の試走タイムを見ているかのようでしたね。

レースは、・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD