トップ

川口G1キューポラ杯展望
【開催展望】


昨年川口G1キューポラ杯は、初日~2日の予選のハンデ構成が奇抜でした。
例えバリバリの最重ハンデのA級選手でも、A級選手は全て10M以上ハンデを貰える構成でした。
さすがに準々決勝に勝ち上がったA級選手はハンデが重化されましたが、予選のS級選手は大変そうでした。

そして準決勝も大波乱でした。注目の青山周平選手をはじめ、荒尾聡選手、永井大介選手、中村雅人選手、若井友和選手、金子大輔選手など、多くの優勝候補が散り、準決勝は4レース中、3レースが万車券となりました。しかも8万円や9万円という高額配当も出ていました。

そんな中、優勝戦は10Mオープンで以下の番組となりました。
①岩田 裕臣(3.39)
②森谷 隼人(3.38)
③中村 友和(3.34)
④藤岡 一樹(3.35)
⑤木村 武之(3.34)
⑥松尾 啓史(3.35)
⑦早川清太郎(3.32)
⑧鈴木圭一郎(3.31)
※()内は試走タイム

オッズは、・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD