トップ

伊勢崎SGオートレースグランプリ展望
【開催展望】


去年のSGオートレースグランプリは、無観客レースとなりましたがアツかったですね(笑)。画面越しでも迫力が伝わってきました。

この時、スーパーハンデで参戦となった青山周平選手。SGでのスーパーハンデは20数年ぶりだったそうです。
ちなみに、この時の準決勝は大荒れでした。鈴木圭一郎選手、中村雅人選手、早川清太郎選手などの有力者が散り、15万円や88万円など、超高額配当が出ていました。

そんな中、優勝戦はスーパーハンデを克服して勝ち上がった青山選手が入り、0M・10Mのハンデ戦で行われました。番組は以下の通りとなりました。

①内山高秀  0
②有吉辰也  0
③金子大輔  0
④佐藤貴也  0
⑤伊藤信夫  0
⑥高橋 貢  0
⑦永井大介  0
⑧青山周平 10

レースは、・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2022 CYBIRD