トップ

伊勢崎SGオートレースグランプリ展望
【開催展望】


私の方からは近況の伊勢崎走路状況についてお話したいと思います。

やっと梅雨明けとなり直前の開催では3日間好天の中でのレースとなりましたが、急な暑さに対応できなかった選手も多かったようです。
レースの序盤は3.50前後での1着争いとなり、重ハン勢はよほど抜けた動きが無いと追い込みは厳しく、そこから徐々にタイムも早くなり、最終レースでは最重ハンの選手で3.40前後での戦いとなっています。
強豪メンバーが揃うSGなら1Rからそこそこのタイムは期待できそうですが、やはり追い上げとなると間違いなく厳しいことになりそうです。

もう少し細かいお話をさせて頂きますと、とある選手のコメントで・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2021 CYBIRD