トップ

山陽G1令和グランドCC振り返り


10線内寄り③号車から長田恭徳が先行。すかさず0線①青木隆浩をかわして先頭に立った長田恭徳が、後半も⑥有吉辰也ー⑧荒尾聡のトップ級の追いに対してペースを落とさず盤石の逃げ切り。32期最若年・25歳の地元若武者が見事G1初タイトルを奪取となった令和GC。

この節の長田選手は・・・

続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2021 CYBIRD