トップ

【無料記事】
冒頭フリートーーク


○●沢朋之○●
ようやく花粉シーズンも終わりを迎え、ロッカー内の花粉症持ちの選手たちもホッとしている今日この頃。
そして今回の特集はオールスターオート!ゴールデンウイークが過ぎるとすぐ浜松ゴールデンレースと、この後も慌ただしいオート界。

ゴールデンレースといえば、以前はその名の通りゴールデンウイーク中に開催され、「浜松まつり」と共に大いに地元を賑わせていたものですが、ここ近年は5月中旬前後に開催時期がズレて現在に至っております。
若き日、旅打ちマニアであった私なども、黄金週間といえば浜松!と、心と身体が勝手に向かっていたものですが……
客席のオールドファンの皆さんの中にも、同様の感慨をお持ちの方は多いはず。伝統の開催の時期を安易にズラすことによって、売り上げにも少なからず影響しているのでは?と思うわけです。

○●ジェット社○●
お疲れ様です。今回も宜しくお願い致します。

売上が下がり続けていたオートレースですが、一昨年あたりから下げ止まって来たとの事です。
ただ、売上の内訳では、レース場での売上は下がっており、ネット投票の売上の向上でカバーされている実態らしいです。
確かにネット投票は、すごく便利で、移動の手間がなく、パソコンやスマートフォンから投票が出来るという素晴らしいものでありますが、どうか場外発売であってもレース場に足を運んで頂ければ幸いだと勝手ながら思う次第です(笑)。

場外発売であっても、いつもレース場に来られる私のお客さん達は↓

「1人でネットでやるよりレース場に来た方が気分が上がる
「社交場として楽しい」
「レース場で知り合った良い仲間がいる
「当たった時やハズレた時に話相手がいる」
「現金の購入払戻が良い」
「食堂のご飯が美味しい
予想屋の話が聞ける
などなど、おっしゃって下さっています。

オートレースの売上が上がればそれに越した事はありません。しかしレース場自体は少しずつ寂しい雰囲気が出始めている気がします。
本場開催はもちろん、場外発売であっても、レース場の良さがあります。
お仕事など都合が付かない時は、ネット投票がすごくありがたいツールですが、余裕があって、ご足労がない場合は、ぜひレース場にお越し下さればありがたいと思っています。
レース場がオートレースの本体でありますから、どうかレース場自体が盛り上がるように願う今日この頃です。

以上、ジェットの個人的な独り言でした。

○●まっすぅ○●

近況3節連続ミッドナイト取材をさせて頂いているので、私の方からミッドナイトのお話しを。

2015年10月より始まった飯塚ミッドナイト開催も気付けば3年経とうとしています。
1R発走が21時00分、最終レース(6R又は7R)が23時30分に発走ということで、まさに真夜中の決戦。
(※現在は1R発走20:50)

当初は選手はもちろん、私もどう時間を使って過ごせばよいかわからず、試行錯誤して近況ようやく流れができてきました(笑)。

売り上げの方も開始してまだ3年と言う事もあり上向き傾向で、今年3月に行われた『ミッドナイト王者戦』の開催では大幅な売り上げアップとなりました。

売上が良かったことの一つに、好メンバーも揃い企画性があったということも挙げられると思います。
私個人の意見ではありますが、深夜の時間帯なのでより注目度を上げるためにも、王者戦のように1~2レースでも良いので、企画レースがあると良いなと思っています。

例えば、各級別対決、同期戦や師弟対決、兄弟・親子対決、初優勝チャレンジ戦、田中選抜などなど・・・。
単に私が見たいという部分もありますが、ぜひ考えて頂きたいです(笑)。

また、これまでも何度かレース開始時間に変動がありますが、5月~7月は7車立て7レース制の予定となっており、1R試走開始が20時01分、発走時間は20時27分とこれまでよりも約30分早くなります。

そうなると練習開始もこれまで19:10からでしたが、30分程早まりそうで、現在でも19時前までは薄明るい飯塚なだけに、練習時は明るい時間帯での練習になりそうです。
体と共にエンジンもこのあたりの調整がどうか。まずは5月のミッドナイトに注目です。
(※最終7Rの発走時間は従来通り23時30分の予定です。)

まだまだミッドナイトも日々試行錯誤といった状態のようですが、これもより良いレースが提供きるよう考えてのこと。
ファンの皆様には少しご不便おかけしている事とと思いますが、引き続きよろしくお願い致します。

レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2019 CYBIRD