トップ

第83回ジェット社の見解

「最近雨乗れている意外な選手は?」
6月になり梅雨入りする時期となりました。
これからのレースは雨走路で行われる事が多くなります。

本来なら固い決着になる傾向がある雨走路ですが、近年の雨走路はかなり高配当が出ており、今まで雨走路に実績がなかった選手も侮れない存在となっています。

伝説の片平 元選手は雨が大の苦手でしたが、努力の末、雨走路でG2制覇するまで乗れるようになりました。
同期の岡部選手は雨走路で圧倒的な強さを発揮していましたが、前ほど連対率は良くありません。
理由として「みんなが雨巧くなった」とコメントされた事があります。
このように、近年では雨走路も力が拮抗してきたと思います

また、その時の走路状況(インが利くか?アウトが利くか?一本道か?)によっても、選手によっては合う合わないがありますし、改良されたタイヤによって動きが変わった選手もいるかもしれませんね。
その辺りも高配当に繋がっていると思います。

そこで、今回のテーマは、雨走路でも高配当が良く出ている事から、あくまでも意外性があって高配当を演出しそうな選手にポイントを絞り、これからの雨走路の高配当予想に役立つよう、「最近雨乗れている意外な選手は?」にさせて頂きました。

まずは、投稿の方を紹介させて頂きますと、・・・
続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2017 CYBIRD