トップ

【浜松】7月8日デビュー


7月8日まず最初にデビューとなった浜松33期。
※伊勢崎がナイター開催のため、浜松勢が先に出走。

浜松には4名の33期が配属されましたが、2名が怪我でデビューが遅れるため、この日は落合巧選手金田悠伽選手がデビューとなりました。

まず登場したのは金田悠伽選手


レースは懸命に逃げて行くも3周回でつかまると、その後は後退し8着となりました。

当日担当していた沢記者の情報によると・・・
続きをご覧になるには、「オートレースモバイルSPへの会員登録が必要となります。
※既に会員の方はログインしてください。
レースデータ提供:公益財団法人JKA
(C)Autorace Mobile
(C)2018 CYBIRD